このページの先頭です ブックスタートについてへ移動 末尾メニューへ移動

港区立図書館 子どもページ
保護者の方へ(ブックスタート事業)

絵本のある生活
ブックスタート事業について
  • 赤ちゃんが心健やかに育つように、絵本を通じて親子が心を通わせることの喜びや、読み聞かせの大切さをお伝えするものです。
ブックスタートは、1992年イギリスのバーミンガムで始まりました。絵本を受け取った家庭では、本に対する関心が高まり、読書の時間をより深く楽しむようになったと言われています。日本では、2000年の「こども読書年」をきっかけに、各地での取り組みが始まりました。
  • この事業は、早期教育を目的にしたものではありません。本を通して子どもと楽しい時間を分かち合ってください。
まずは、赤ちゃんのご機嫌の良いときに、膝に座らせ本を見ながらおしゃべりしてみましょう。絵本の活字を、そのまま読む必要はありません。絵を見ながら楽しんでください。後に赤ちゃんは、じっと本を見つめたり、笑ったり、手を出して反応するようになります。
  • わずかな時間でも、絵本を読んでくれたことに対する子どもの喜びは、読み終わった後も続きます。
自分のために読んでくれた、自分の言葉に対し反応してくれたという満足感は、テレビでは味わえないものです。そして子どもが楽しんでいる顔を見れば、不思議と大人の心も安らぐものです。
  • 大人は、本を最初から最後まで読ませないといけないとか、たくさんの本を読ませなくてはいけないと考えてしまうことがあります。
しかし子どもは、気に入ったページやあるきまった本ばかり見て、大人が思うような反応をしてくれません。そのような時は、どうして…と考えずに、子どもの気持ちを受け入れてあげてください。
  • たくさんの絵本を読むことより、たとえ1冊でも大好きな本を、繰り返し読むことのほうが大切です。
子どもは、読むたびにわくわくし、新しい発見をします。子どもから「この本読んで。」と頼まれたら、「またその本読むの?」と答えずに何度でも読んであげてください。