このページの先頭です 港区の指定文化財 解説へ移動 末尾メニューへ移動



紙本着色箱根詣図
建部巣兆筆

所在地
芝大門1‐12‐7

所有者
宗教法人芝大神宮

概 要
3巻 絵画 平成15.10.14指定

法 量
(第一巻)長1425.8cm
(第二巻)長1081.5cm
(第三巻)長1678.3cm 縦(各巻共通)26.8cm

公開状況
非公開

写真タイトル

第一巻 巻頭(左)
第三巻 巻末(右)

本図の筆者である建部巣兆〈たけべそうちょう〉は、書家・山本龍斎の子として千住に生まれました。名を英親、字を族父、松甫、秋香庵、小蓑庵、菜翁などと号し、画は、はじめ谷文晁に学びました。のち俳諧に親しんで、自作の画には発句を題したといいます。没年は文化13年(1816)11月とされますが、出生年は不明です。

「箱根詣図」と題されたこの3巻本は、蕪村風の俳画を得意とした巣兆の画風的特徴をよく示しており、洒脱で即妙な筆致によって、江戸を出立し箱根に至る道中の有様をいきいきと描いています。江戸時代の庶民の旅の様子や生活を知る上でも貴重な絵巻です。

拡大図の動作環境について

拡大図が表示されない場合は、Flash Player(無償)のインストールが必要です。
下のアイコンをクリックすると、Flash Playerのダウンロード・サイトにリンクします。

get flash player
ページトップに戻る
前のページに戻る