このページの先頭です 港区の指定文化財 解説へ移動 末尾メニューへ移動



白隠慧鶴筆「金剛窟」(室号)

所在地
高輪3-16-16

所有者
宗教法人東禅寺

概 要
(紙本墨書)1面 書跡 平成22.10.27指定

法 量
縦90cm 横168cm

公開状況
非公開

近世臨済宗中興の祖として知られる白隠慧鶴(1685〜1768)は75歳のとき、江戸深川の臨川寺で『碧巌集』を講義しています。この書はその折、東禅寺おいて書いたものと想定され、また「金剛窟」の語は『碧巌録』第35則「文殊の前三三」によります。

3枚の紙を横に継ぎ、1紙に一字あてで「金剛窟」と書かれ、扁額装となっています。各紙とも左右が切り詰められ窮屈な配字です。落款印章はありません。本書の書体は白隠80歳代のたっぷりと丸みを帯びた特有の書体と異なり、角の立つ剛毅な書体を示す70歳代のもので、書かれたと想定される時期との齟齬はありません。なお本書と書風が近いものに、白隠が伊那を訪れた73歳の書とされる上伊那西岸寺所蔵の「大極嶺」があります。

本書は白隠70代半ばに書かれ、行状ともつながる、貴重な作品です。

拡大図の動作環境について

拡大図が表示されない場合は、Flash Player(無償)のインストールが必要です。
下のアイコンをクリックすると、Flash Playerのダウンロード・サイトにリンクします。

get flash player
ページトップに戻る
前のページに戻る