このページの先頭です 港区の指定文化財 解説へ移動 末尾メニューへ移動



徳川将軍家朱印状
付目録・条目・写し

所在地
赤坂6‐10‐12

所有者
宗教法人氷川神社

概 要
7通(付 目録1通 条目1通 写し5通) 古文書 昭和62.10.28指定

公開状況
非公開

写真タイトル

徳川吉宗朱印状

氷川神社の創建の年代は不詳ですが、もと一ツ木(赤坂4‐1付近)にあったものを、八代将軍吉宗が、産土神〈うぶすながみ〉として崇敬し、享保15年(1730)現在の地に社殿を建立しました。

朱印状は、吉宗から十四代家茂に至る7通で、武蔵国豊嶋郡代々木村のうち200石を寄附したものです。本来は、将軍の代替わりごとに前将軍の朱印状は返却し、その写しのみが残されるものです。いずれも檀紙を用い、すべてに懸紙(包紙)を備え、保存も極めて良好です。各朱印状の宛先は当社別当宛です。

この朱印状の他に、朱印地の明細を示した幕府老中連署の目録1通と、氷川神社が遵守すべきことを定めた九か条の条目1通が残されています。

拡大図の動作環境について

拡大図が表示されない場合は、Flash Player(無償)のインストールが必要です。
下のアイコンをクリックすると、Flash Playerのダウンロード・サイトにリンクします。

get flash player
ページトップに戻る
前のページに戻る