このページの先頭です 港区の指定文化財 解説へ移動 末尾メニューへ移動



善福寺出張中日記

所在地
芝 5‐28‐4

所有者
港区教育委員会

概 要
2冊 古記録 平成17.10.25指定

法 量
(各)縦24.6cm 横16.9cm

文久元年(1861)11月から翌文久2年2月までの期間の、善福寺におかれたアメリカ公使館の警備を担当した館林藩士が記録した警固日誌です。全四冊の内の第三・四冊にあたるもので、第一・二冊の所在は現在のところ不明です。

具体的で詳細な記述によって、担当した館林藩の警備の実態を知る事のできる貴重な史料です。公使館に緊急事態が発生した場合には、公使を避難させる場所が想定してあり、また、日々の記録として記入された見廻り時刻や合言葉が、毎日のように変更されているなど具体的な警護方法が読みとれます。尊王攘夷で知られた水戸藩領の農民が御伊勢参りと称して江戸に接近してきている事に警戒していることなどが記録されており、当時の世情を活写しています。

拡大図の動作環境について

拡大図が表示されない場合は、Flash Player(無償)のインストールが必要です。
下のアイコンをクリックすると、Flash Playerのダウンロード・サイトにリンクします。

get flash player
ページトップに戻る
前のページに戻る