このページの先頭です 港区の指定文化財 解説へ移動 末尾メニューへ移動



青山の庚申塔

所在地
南青山4‐28先

所有者
港区

概 要
1基 歴史資料 平成27.10. 14指定

法 量
幅94.0cm 高さ103.0cm

写真タイトル

青山の庚申塔

立山墓地南端隅の路傍にある庚申塔です。高さ103.0cm、最大幅94.0cm、最大厚17.0cm、石材は安山岩(根府川石)です。石塔の形態は板状の「自然石形」を呈し、下部の一部は地中に埋まっています。銘文は正面に「庚申塔」と刻まれており、その下に花押がありますが、揮毫した人物は未詳です。その右側には「慶應元乙(きのと)丑(うし)年」、左側には「五月大祥吉日」とあり、慶応元年(1865)5月に造立されたものであることがわかります。さらにその右側には、一部剥離していますが「右 あをやま 内とうしん[宿] ほりのう[ち]」、左側には「左 二十きおくみ屋[敷ヵ] 百人おくみ屋[敷ヵ] ぜんこ[うじ]」と刻まれており、この庚申塔が「右 青山・内藤新宿・堀之内」、「左 二十騎組屋敷・百人組屋敷・善光寺」の方向を示す道標の役割も果たしていました。

また、この地域では昭和初期まで庚申祭(庚申講)が行われていたと伝えられていますが、この庚申塔はそうした民間信仰が江戸時代に遡ることを示す貴重な資料です。

拡大図の動作環境について

拡大図が表示されない場合は、Flash Player(無償)のインストールが必要です。
下のアイコンをクリックすると、Flash Playerのダウンロード・サイトにリンクします。

get flash player
ページトップに戻る
前のページに戻る