このページの先頭です 港区の指定文化財 解説へ移動 末尾メニューへ移動



尾崎紅葉生誕の地

所在地
芝大門2‐7

所有者

概 要
旧跡 昭和57.10.30指定

小説『金色夜叉』などの作者として有名な作家、尾崎紅葉(本名徳太郎)は、慶応3年(1867)12月16日(戸籍27日)、芝中門前2丁目25番地(現在港区芝大門2丁目7番4号)にあった首尾稲荷社のそばの家で、伊勢屋こと牙彫り師の尾崎谷斎〈こくさい〉(惣蔵〈そうぞう〉)の長男として生まれました。満4歳のとき母を失い、芝神明町8番地(現在港区浜松町1丁目18番14号)の母の実家荒木家に養われます。以後、新宿区へ転居するまで、約19年間を区内芝地域で暮らし、墓所も港区の青山霊園にあります。

「紅葉」の筆名は増上寺境内の紅葉山からとった名前です。すでに14歳の時、「縁山」という三縁山増上寺にちなんだ号も使用しており、この地域に強い愛着をもっていたことがうかがわれます。さらに、『芝肴』という小説集や、『男心は増上寺』と題する短編があり、その他作品中の随所に幼少期から慣れ親しんだ地域が登場します。その前半生を芝界隈で生活したことは、紅葉の創作活動に不可欠の要素だったと言えるでしょう。
ゆかりの人物

拡大図の動作環境について

拡大図が表示されない場合は、Flash Player(無償)のインストールが必要です。
下のアイコンをクリックすると、Flash Playerのダウンロード・サイトにリンクします。

get flash player
ページトップに戻る
前のページに戻る