このページの先頭です 特別展・企画展等へ移動 郷土資料館講座へ移動 その他のイベントへ移動 末尾メニューへ移動


港区立港郷土資料館

事業案内


  • 特別展・企画展等
  • 港区の歴史や文化に関する調査・研究の成果を、展示を通して紹介します。最新の情報は「郷土資料館からのお知らせ」をご覧ください。
    郷土資料館の展示の歴史
    (この他に随時テーマ展・コーナー展などを開催しています)
年度
和暦
年度
西暦
開催期間 展覧会 展示名
平成25年 2013年 10月25日から
12月15日
特別展 港区立港郷土資料館所蔵 幕末・明治期古写真展
―名所・旧跡、そして人びと―
平成24年 2012年 10月27日から
12月16日
特別展 江戸の大名菩提寺
平成23年 2011年 10月22日から
12月4日
特別展 愛宕山―江戸から東京へ―
平成22年 2010年 10月23日から
11月28日
特別展 江戸図の世界
平成21年 2009年 10月25日から
11月29日
特別展 増上寺徳川家霊廟
平成20年 2008年 10月13日から
11月3日
11月11日から
11月30日
特別展 悠久の旅人―過去から、そして未来へ―
港区指定文化財30年の軌跡
平成19年から20年 2007年から
2008年
3月11日から
4月13日
特別展 東京ミッドタウン前史 赤坂檜町の三万年
―旧石器〜長州藩下屋敷〜歩兵第一連隊―
平成18年 2006年 10月20日から
12月3日
特別展 UKIYO-E(うきよえ) −名所と版元−
平成17年 2005年 6月1日から
7月3日
特別展 江戸の外国公使館
平成16年 2004年 11月3日から
12月5日
特別展 鍋島と伊万里の世界
−その美と意匠の裏に隠された歴史を追う−
平成16年 2004年 2005年2月22日
から3月21日
企画展 永井荷風と東京大空襲
平成15年 2003年 10月28日から
11月24日
企画展 尾崎紅葉と港区
平成15年 2003年 5月16日から
6月18日
特別展 のぞいて見よう! 大名の家づくりとその暮らし
汐留遺跡展パート2
平成14年 2002年 10月18日から
11月17日
特別展
(開館20周年記念)
江戸動物図鑑 −出会う・暮らす・愛でる−
平成13年 2001年 11月から
12月2日
特別展 いろ・COLOR(いろ)な話
平成12年 2000年 10月3日から
11月12日
特別展 伊達騒動の時代
−仙台藩伊達家第四代藩主伊達綱村と嫡子扇千代−
平成12年 2000年 1月29日から
3月4日
特別展 台場−内海御台場の構造と築造−
平成10年 1998年 11月4日から
11月30日
特別展 悠久の旅人2−過去から、そして未来へ−
港区指定文化財この10年
平成9年 1997年 11月4日から
11月30日
特別展 汐留遺跡
平成8年 1996年 11月1日から
11月30日
特別展 都市と医療−病に立ち会った人々−
平成7年 1995年 10月3日から
11月26日
特別展 魚影を追って
平成6年 1994年 11月1日から
11月30日
特別展 城下町の考古学
平成5年 1993年 11月1日から
11月14日
特別企画展 彫金 服部雅永・輝きの世界
平成4年 1992年 11月10日から
12月16日
特別企画展 写真展 近代日本を支えた人々
平成3年 1991年 10月22日から
11月10日
特別展 伝統の工匠
−中臺瑞真(なかだい・ずいしん)とその仲間たち−
平成2年 1990年 1991年1月27日
から3月2日
特別展 家康入府(前・後編)
平成1年 1989年 1990年1月18年
から2月11日
特別展 弔(とむらひ)−甦える武家の葬送−
昭和63年 1988年 11月16日から
12月8日
特別展 悠久の旅人−過去から、そして未来へ−
港区指定文化財 この10年
昭和62年 1987年 12月1日から
12月19日
特別企画展 港区の原始・古代−先土器時代から古墳時代−
昭和61年 1986年 11月4日から
11月23日
特別企画展 甦える江戸時代2
昭和60年 1985年 11月19日から
12月13日
特別企画展 暮らしを支えた生活用具 (近代篇)(近世篇)
昭和59年 1984年 11月27日から
12月8日
特別企画展 人間国宝・中臺瑞真(なかだい・ずいしん)の世界
−心とわざの結晶−
昭和58年 1983年 11月1日から
11月19日
特別展 大名と茶禅−麻布天真寺と松平不昧展−
昭和58年 1983年 11月24日から
12月7日
特別企画展 甦える江戸時代−近世考古学への招待−
昭和57年 1982年 11月1日から
11月20日
特別展 幕開く、近代外交−港区の外交史跡展−

郷土資料館では、港区に在住・在勤・在学の方を対象に、港区の歴史・文化など郷土を理解するための講座などを実施しています。
  • 郷土資料館講座
  • 郷土資料館では、港区に在住・在勤・在学の方を対象に、港区の歴史・文化など郷土を理解するための講座などを実施しています。郷土資料館講座は、例年、常設講座として年に2度、それぞれ3から4回ずつ資料館講座を実施しています。資料館で開催の展覧会に関わることや、港区の歴史や文化を考える上で興味ぶかいテーマを選び、それぞれに詳しい講師からのお話をお届けします。
    このほか、企画展などに合わせた講演会や史跡めぐりなどを行っています。
    過去の資料館講座
平成27年度前期江戸時代のお金を考える
平成27年度後期日本鉄道史と新橋駅
平成26年度前期東国の戦国時代
平成26年度後期縄文時代の森林資源利用
平成25年度前期港区立港郷土資料館所蔵 幕末・明治期古写真展−名所・旧跡、そして人びと−
平成25年度後期銅像になった人物とその時代−芝公園界隈−
平成24年度前期近代教育と港区2
平成24年度後期江戸の大名菩提寺
平成23年度前期愛宕山・よもやま
平成23年度後期江戸の大名屋敷を探る
平成22年度前期江戸図の世界
平成22年度後期近代教育と港区
平成21年度前期増上寺徳川家霊廟の世界−特別展「増上寺徳川家霊廟」をより楽しむために−
平成21年度後期港区ゆかりの人物 齋藤茂吉
平成20年度前期天璋院がいた時代 時代の変革期と港区
平成20年度後期甦る日本の美 −文化財修復の現場から−
平成19年度前期港区を読もう!−『半七捕物帳』と港区−
平成19年度後期(特別展関連講座)赤坂檜町の三万年
平成18年度後期浮世絵と港区
平成18年度前期港区近代人物誌II みなと文化コミュニティ
平成17年度後期歴史的建造物講座―明治・大正・昭和の移り変わり―
平成17年度前期江戸の外国公使館
平成16年度後期日本の近世陶器−その美と意匠に隠された歴史を読む−
平成16年度前期港区近代人物誌
平成15年度後期六本木今昔
平成15年度前期お江戸草創〜徳川三代がつくった江戸の町〜
平成14年度前期港区の美術館
平成13年度後期いろcolorな話
平成13年度前期日本の巨大建造物
平成12年度後期大江戸路地裏案内
平成12年度前期うつりゆく東京湾の漁業
平成11年度後期最新日本考古学事情
平成11年度信仰と絵画
平成10年度町場の暮らしと民俗−現在民俗学入門−
平成9年度後期幕末維新人物伝
平成9年度前期やさしい仏像のみかた
平成8年度都市と病
平成7年度後期狩野派の時代 江戸の庶民信仰
昭和61年度日本文化の陶磁
昭和58年度後期文化人類学への誘い
昭和58年度前期江戸もののこころ
昭和57年度江戸歳時記
昭和56年度後期江戸町人の世界
昭和56年度前期民話の世界

  • 古文書講座
  • 例年、常設講座として初・中級者を対象とした古文書講座を実施しています。
    館蔵資料、または港区関連の史料をテキストとして用い、基礎的なくずし字の読み方に加え、古文書に書かれている内容理解にも重点を置き、古文書を通して歴史に対する理解や関心を高めることを目的とします。
  • 親子学習会 →イベントに参加しようへ