このページの先頭です 図書館からのお知らせへ移動 末尾メニューへ移動


 


郷土資料館からのお知らせ
2016年10月11日

資料館講座「豊臣時代の徳川家康」の受講者を募集します

 

資料館講座「豊臣時代の徳川家康」を開催します。

平成28年は、徳川家康没後400年にあたります。よく知られていますが、現港区域の開発は、徳川家康の関東移封後に本格化しました。この家康の関東移封は、豊臣秀吉の命令によっておこなわれました。では、豊臣政権下における徳川家康はどのような立場にあったのでしょうか。豊臣秀吉・秀頼と家康の関係、豊臣政権における家康の役割、そして最終的には豊臣政権との戦いがどのような過程をたどったのかを考えてみたいと思います。
そこで、小田原北条氏滅亡から大坂の陣までの家康の状況をさまざまな角度から検討し、豊臣政権下における徳川家康について学びます。

【日程・内容・講師】講座タイトルは一部変更となる場合があります。
11月4日(金曜日)「豊臣政権下の徳川家康‐小田原合戦及びその後を中心に‐」
講師:曽根勇二氏(織豊期研究家、博士〈文学〉、横浜市ふるさと歴史財団)
11月11日(金曜日)「徳川家康の源氏改姓と征夷大将軍‐藤原・源氏・豊臣‐」
講師:堀新氏(共立女子大学文芸学部教授)
11月18日(金曜日)「関ヶ原から大坂の陣へ‐徳川家康の天下掌握‐」
講師:山本博文氏(東京大学史料編纂所教授)

【時間】各回とも、午後6時から午後7時30分まで。

【対象】3回とも出席できる方。

【場所】港区立三田図書館3階集会室(港郷土資料館と同じ建物内)

【定員】30名

【参加費】無料

【申込方法】
往復はがきで、郵便番号・住所・氏名・電話番号・「資料館講座受講希望」と明記の上、港郷土資料館まで。
応募者多数の場合は、港区在住・在勤・在学者を優先し抽選します。在勤・在学者の場合は会社名(所在地も)・学校名を明記してください。

申込先:〒108-0014 港区芝五丁目28-4 港郷土資料館
締切:10月26日(水曜日)必着

※保育サービスがあります(区民で、生後4ヶ月から就学前の児童、定員3名)希望の方は、往復はがきに「一時保育希望」・名前・年齢(月齢)・性別を明記してください。