このページの先頭です リード文へ移動 タブメニューへ移動 本の内容へ移動 末尾メニューへ移動

港区立図書館 子どもページ
おすすめの本

図書館のひとがみんなのためにえらんだ、おもしろい本だよ。
  • よんでみない?
自分の学年をクリックしてね。2022年07月07日更新
まえのおすすめの本をけんさくする


1・2ねん
3・4ねん
5・6ねん
もっと


いわじいさんはうんとながいき
  • デブ・ピルッティ/作
  • やまもと まなみ/訳
  • 潮出版社
  • 2021
はらっぱのはしっこに、いわじいさんはみんなが生まれるずっと前からすわっている。たいくつじゃないのかとはらっぱのみんながきくと、いわじいさんは話しはじめます。 いわじいさんはむかし、空をとんだことも、きょうりゅうに会ったこともあるのだと…。とっても長生きな、いわじいさんのおはなし。

どうぶつせんきょ
  • アンドレ・ホドリゲス、ラリッサ・ヒベイロ、パウラ・デスグアウド、ペドロ・マルクン/作
  • 木下 眞穂/訳、林 大介/監修・解説
  • 2021
  • ほるぷ出版
森の王さまのライオンが、川の水をひとりじめして、かってにプールを作ってしまいました。それにおこった森のどうぶつたちは、せんきょをして、新しいリーダーをきめることにします。ブラジルの子どもたちのワークショップをもとに作られた、せんきょのしくみがわかる絵本。

ぼくの師匠はスーパーロボット (こころのつばさシリーズ)
  • 南田 幹太/作
  • 三木 謙次/絵
  • 佼成出版社
  • 2021
クラスでロボットをもっていないのはぼく一人。くやしくてムカムカした帰り道、なんと三千円の人がたロボットを売っているお店をみつけます。お父さんにおねがいして買ってもらったんだけど、とんでもないおじいちゃんロボットで、お父さんとぼくは毎朝たいへんなことに…。

おれは女の子だ
  • 本田 久作/作
  • 市居 みか/絵
  • 2021
  • ポプラ社
ピンク色の空の絵をかいたらへんって言われるのはなぜ?女の子の友だちに「きれいじゃない」っていったらどうしていけない?おれにはわからないことだらけだ。 だけど、わからないままにするのはいやだから、おれは考えてみた。

富士山のまりも -夏休み自由研究50年後の大発見- (たくさんのふしぎ傑作集)
  • 亀田 良成/文
  • 斉藤 俊行/絵
  • 福音館書店
  • 2021
夏休みの自ゆうけんきゅうのために家にやってきたまりもは、その後もにわで大切にそだてられていました。50年たったある日、わが家で元気にふえつづけているまりもが、本家の山中こではぜつめつしかけていることを知ります。なんとこれが、50年後の大はっ見に!

そうだったのか!身近なものの はかり方図鑑 -ビジュアル解説!-
  • 「そうだったのか!身近なもののはかり方図鑑編集委員会/編
  • 文研出版
  • 2021
山の高さや野生どうぶつの年れい、星のじゅみょう、じょう車りつなどなどみ近なものをどうやってはかっているのか「はかり方」がわかる本です。いろんなものをはかってみよう!