このページの先頭です 書籍へ移動 末尾メニューへ移動


よいっしょ ー良書ー  WEB版2020年 更新日 2020年07月20日
バックナンバー検索


●恋愛・友情●
『アスリーツ』 あさの あつこ/著 中央公論新社
もう逃げたくない。今度逃げたら心底自分を許せなくなる。陸上に背を向けた沙耶を親友花奈は射撃という世界に導いてくれた。しかしその道をどう進むかは、沙耶しだいだ。

●恋愛・友情●
『イモムシ偏愛記』 吉野 万理子/著 光文社
近所の屋敷に住むおばあさんは、凪の大好きなアイドル、ヒカルの祖母だった。おばあさんと仲良くなって一緒に虫の世話をすることになったが、凪は大の虫嫌い。虫嫌いを乗り越えてヒカルと接近することはできるのか?

●恋愛・友情●
『すきなひと 恋の絵本 1』 桜庭 一樹/作、嶽 まいこ/絵、瀧井 朝世/編 岩崎書店
好きな人はいますか? ある夜、私は「好きな人を追いかけている」もう1人の自分とすれ違います。私には好きな人なんていないのに…。私は私の知らない世界に自分を探しに行きます。好きな人がいる人もいない人も恋をしたくなるちょっと不思議で素敵な絵本。

●恋愛・友情●
『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』 汐見 夏衛/著 スターツ出版
優等生を演じている私を「嫌いだ」と言ったのは、君でした。だけど、孤独と窮屈さでどうしようもなくなっていた私を救ってくれたのも、君でした。思いもしなかったんだ、私の世界が変わるなんて。

●恋愛・友情●
『映画化決定』 友井羊/著 朝日新聞出版
ある日ぼくは同級生の木崎ハルに自分が描いた漫画を見られてしまった。彼女はその漫画を原作に映画を撮らせて欲しいと言ってきた。ぼくは気がのらず初めは断ったのだが…。
ハルと映画製作に関わるうちに変わっていく主人公の青春物語。

●恋愛・友情●
『潮騒 (新潮文庫)』 三島 由紀夫/著 新潮社
文明から隔絶した海青い小島で出会った、若くたくましい漁夫と美しい乙女。先には乗り越えなければならない数々の障害が待ち受けていて・・・。端正な美しさに輝く、これぞ青春純愛小説の金字塔。教科書に載っている名作を読んでみよう。

●ミステリー●
『奇譚ルーム』 はやみね かおる/著 朝日新聞出版
SNSの仮想空間「ルーム」に集められた10人のゲストたち。ルームのホストを満足させる不思議な話をしないと殺されてしまう!?どんでん返しの連続に、ページをめくる手が止まらない!

●ミステリー●
『早朝始発の殺風景』 青崎 有吾/著 集英社
始発電車で、ファミレスで、観覧車で。高校生たちが小さな謎に出会う密室劇短編集。何気ない一言が解決の糸口に?会話の中で謎がするすると解き明かされていく!

●ミステリー●
『アップルと月の光とテイラーの選択』 中濱 ひびき/著、竹内 要江/訳 小学館
強盗に襲われて危篤状態のテイラーは、精霊の力で未来を見せられて、このまま目覚めるか、生まれ変わるか、究極の選択を迫られる。作者は帰国子女の高校生。世界観がすごいです。

●ミステリー●
『夏への扉』 ロバート・A・ハインライン/著 早川書房
親友と恋人に裏切られて、仕事も愛する飼い猫も全てを失い絶望するぼくは、30年間コールドスリープをすることに。飼い猫が冬に”夏への扉”を求め続けたように、ぼくもまた明るい未来を諦めない。

●ミステリー●
『僕が愛したすべての君へ』 乙野 四方字/著 早川書房
つながる2冊の世界、あなたはどちらを先に読む?
人々が少しだけ違う並行世界で揺れ動いていることが実証された時代。両親が離婚し、片方の親と暮らす暦は、自分の人生を変える一人の少女と出会う。パラレル・シフトする世界で、人生をかけて“幸せを探す”物語。

●ミステリー●
『君を愛したひとりの僕へ』 乙野 四方字/著 早川書房
「僕が愛したすべての君へ」同時刊行。
つながる2冊の世界、あなたはどちらを先に読む?

● ミステリー●
『十角館の殺人 新装改訂版』 綾辻 行人/著 講談社(講談社文庫)
ミステリーの一大ジャンル「館モノ」の大傑作!孤島で起きた連続殺人、犯人のまさかの正体は・・・。ページを開いた瞬間の驚きを、体験してください。

●ノンフィクション●
『ギャングを抜けて。僕は誰も殺さない』 工藤 律子/著 合同出版
凶悪なギャング団「マラス」が支配する街で生まれ育ち自身も「マラス」に入っていた少年アンドレス。16歳のとき、ギャング団から逃げる為、ひとりでメキシコシティまで旅に出た。人殺しにならないために。

●ノンフィクション●
『ロボットは東大に入れるか よりみちパン!セ YP06』 新井 紀子/著 新曜社
近年、めざましい発展をとげているロボット。
だけど東大に合格することは難しい!?
このプロジェクトで構築された「東ロボくん」を通して、なぜロボットは東大に入れないのか一緒に考えてみましょう。

●ノンフィクション●
『宇宙飛行士に聞いてみた!世界一リアルな宇宙の暮らしQ&A』 ティム・ピーク/著、柳川 孝二/監修 日本文芸社
宇宙ステーションに186日滞在した宇宙飛行士が答える、世界一リアルな宇宙の暮らしQ&A。
宇宙で暮らさないとわからない様々な事がこの1冊につまっています。

●ノンフィクション●
『一球入魂!一音入魂! 甲子園に響け!熱援ブラバン・ダイアリー』 オザワ部長/著 学研プラス
応援している吹奏楽部と野球部の友情やエピソードを名勝負とともにレポート!
甲子園をアツくしているのは野球だけじゃない!もうひとつの青春物語。

●ノンフィクション●
『クマムシ調査隊、南極を行く! 岩波ジュニア新書 899』 鈴木 忠/著 岩波書店
著書の鈴木さんは、南極クマムシの調査のため、南極観測隊に参加。
自然や生物、季節や観測隊の日常はどうなっているの?
謎だらけ南極の不思議に迫ってみよう。

●ノンフィクション●
『ことばハンター 国語辞典はこうつくる ポプラ社ノンフィクション 33-生きかた-』 飯間 浩明/著 ポプラ社
国語辞典の編さん者は、辞典を作るため、ことばハンターとなって、あらゆるところからことばを見つけ、観察し、国語辞典を作っていきます。
この本を読んだあと、自分の身の回りのことばの意味が違って見えるかもしれません!

●LIFE●
『人生を変えるアニメ 14歳の世渡り術』 河出書房新社/編 河出書房新社
あなたには、絶対に見てほしいアニメはありますか?作家や評論家、27人の著名人が本気ですすめるアニメを紹介。人生に必要なことはすべてアニメが教えてくれるのです。

●LIFE●
『ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート』 伊藤 亮太/監修 宝島社
キャッシュレス、ネットバンキング、仮想通貨…目に見えないお金が増えて、益々わかりにくくなる「お金のしくみ」。でも、この本はちゃんと見えます。見るだけでわかるって便利ですよ。

●LIFE●
『ザ・ディスプレイスト 難民作家18人の自分と家族の物語』 ヴィエト・タン・ウェン/編、山田 文/訳 ポプラ社
難民作家18人による短編集。具体的な経験や、記憶と結び付けて書かれた物語は、多くの難民のことを知らない私たちに向けてのメッセージです。生活そのものを奪われる、変えざるをえなかった人たちの声をきいてください。

●LIFE●
『私の「ふつう」は、誰かの「ありえない」 開幕!世界あたりまえ会議』 斗鬼 正一/著 ワニブックス
あたりまえって何だ?今の自分が「ふつう」と思っていたことも、世界規模で見たら少数派。というか「ありえない」ことなのかもしれない。世界で生活するのに必要な「あたりまえ」を知っておこう。

●LIFE●
『どうしたらいいかわからない君のための 人生の歩きかた図鑑』 石井 光太/著 日本実業出版社
こまって助けてほしい時に「どこの誰」に「どうやって連絡」して「助けて!」と伝えればいいの?そんな時はこの本を手にとってください。あなたの問題を解決してくれる人と出会うためのガイドブックになるはずです。

●LIFE●
『いのちと心のごはん学』 小泉 武夫/著 NHK出版
「ごはん学」とは。食べることに関しては右に出るものがいない作者が提言する、-あらゆる分野の知恵や知識を総動員して、毎日食べる「ごはん」と、その周辺を学ぶ-という考え方。食から、日本の未来が見えてきます。

●サイエンス●
『世界でいちばん素敵な 科学の教室』 的川 泰宣/監修、 遠藤 芳文/企画・文 三才ブックス
「科学はいつごろから始まったの?」という素朴な疑問からブラックホールの解説まで、科学の歴史をカラー写真と共に辿ることができる1冊。

●サイエンス●
『理科の謎、きちんと説明できますか? 文系もすっきり納得の20話』 左巻 健男/監修 PHP研究所
小学校の理科の時間に習ったけれど忘れてしまったことや、当たり前のこととされて何故そうなのかは説明できない、なんてことを分かりやすく解説。

●サイエンス●
『おならのサイエンス』 ステファン・ゲイツ/著、関 麻衣子/訳  柏書房
おならが出るしくみから、ガスの分析、ニオイの軽減方法まで、おならを科学的に分析・紹介した1冊。歴史に残るおならや、おならバスと呼ばれるバスについてなど、おならトリビアも満載。

●サイエンス●
『図鑑じゃわからない! 動物たちの青春白書』 小林 朋道/監修、ワクサカ ソウヘイ/著述 エイ出版社(エイの文字は木へんに世)
モテるために必死だったり、親にベッタリだったり……様々な動物たちの思春期のドラマを集めた本。

●サイエンス●
『科学のミカタ』 元村 有希子/著 毎日新聞出版
はやぶさ2にチバニアン、AI、最先端医療、地球温暖化、プラスチックごみ……ここ数年話題になった様々な事柄を、科学記者として20年近く活躍する著者が枕草子風に書き上げたエッセイ。

●サイエンス●
『鳥の骨格標本図鑑 BIRDER SPECIAL』 川上 和人/著、中村 利和/写真  文一総合出版
鳥といえば羽毛に目がいきがちだが、飛ぶ構造は骨格にあり!身近な鳥・スズメから、立ち姿が美しい鶴、飛ばない鳥・ペンギンまで、その生態・行動と関連させて骨の見所を解説。

●世界●
『あとは野となれ大和撫子』 宮内 悠介/著 KADOKAWA
中央アジア・アラルスタンの後宮で暮らす、日系2世のナツキ。ある時、恩人の大統領が何者かに暗殺されてしまう。混乱する国を救おうと立ち上がったのは、ナツキをはじめとする後宮でエリートとして教育された少女たちだった。

●世界●
『世界堂書店』 米澤 穂信/編 文藝春秋
世界各国から選りすぐりの不思議な物語を集めたアンソロジー。ホロッとしたりゾクッとしたり、国によってちがう「不思議」の違いを味わってみてはいかが?

●世界●
『きみの声を聞かせて』 小手鞠 るい/著 偕成社
インターネットで交わされる、孤独な日本の少女とピアノを弾くアメリカの少年との文章と音楽のやりとり。仲良くなる中、お互い相手に伝えていない事実があって…。そんな時、少年が演奏会で日本に来ることになる。

●世界●
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』 本山 尚義/著 ライツ社
世界196ヵ国の料理がスーパーで買える材料で作れる! 普段食べている料理に近いものもあれば、食べたことのない味のものまで。家で世界を味わってみよう。

●世界●
『はかりきれない世界の単位』 米澤 敬/著、日下 明/イラスト 創元社
モルゲン、クローシャ、片食(かたげ)、パイプ、ユカワ…。これらはみんな世界各国で使われている単位の名前。なるほどと思うものもあれば、意外なものにつけられている単位もある。単位の世界って奥深い。

●世界●
『世界の国境を歩いてみたら…』 「世界の国境を歩いてみたら…」番組取材班/著 河出書房新社
国境って、日本人にとってはなかなか想像がつかない場所。けれど国境は海にも陸にも世界中にあって、その近くで暮らしている人たちも大勢いる。そんな未知の世界、国境ってどんなところ?

●気分転換●
『人気プラネタリウム・クリエイターが作った 世界一美しい星空の教科書』 大平 貴之/著 宝島社
人気プラネタリウム・クリエーターを案内人に、星空の旅へ出発!幻想的な写真と共に、星の種類や観察のおすすめスポット、88星座などを紹介。これを読めばきっと今晩、空を見上げたくなるはず。

●気分転換●
『日本語をつかまえろ!』 飯間 浩明/文、金井 真紀/絵 毎日新聞出版
「どんぶらこ」って、桃太郎以外で使うことある?「ガチ」って、どこからきた言葉なの?言われてみれば気になる日本語って、いっぱい!国語が苦手な人でも大丈夫。気楽に日本語の面白さを学んでみよう。

●気分転換●
『目は1分でよくなる! あなたの目がよみがえる7つの視力回復法』 今野 清志/著 自由国民社
パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れていませんか?一生付き合う自分の体は、大切にしたいですよね。この本には、目に良い事がたくさん詰まっています。目の疲れから開放されれば、心も体もスッキリ!

●気分転換●
『十歳までに読んだ本』 西 加奈子、益田 ミリ、杏 ほか全70名/著 ポプラ社
自分が小さい時に読んだのはどんな本だった?今でも時々思い出す物語、両親に何度も読んでとせがんだ本、勇気をもらったあの言葉――。
作家、女優、映画監督ら70名が、子どもの頃に読んで心を揺さぶられた本を語る。

●気分転換●
『脱・呪縛 世界をカエル 10代からの羅針盤』 鎌田 實/著、こやま こいこ/絵 理論社
呪縛はどこにでも潜んでいます。あなたにとっての呪縛はなんでしょう。家族?友達?自分?
医者である著者の経験談から新しい世界を発見したり、かわいいイラストに癒されながら自分の世界を広げていきましょう。

●気分転換●
『10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法』 長沼 睦雄/著 誠文堂新光社
楽しいこともあるけれど時々疲れてしまう、明日がくるのが嫌だなと思ってしまう。友達、家族、勉強、容姿…。たくさんの悩みによって生まれた私たちの「疲れ」の理由と、ラクにしてくれる方法を教えてくれる1冊。