このページの先頭です 本文へ移動 末尾メニューへ移動


港区ゆかりの人物データベースプラス


ゆかりの建築

[移築]

三井八郎右衛門邸

年代
昭和27年(1952)

用途
専用住宅

設計

施工

構造
木造および鉄筋コンクリート2階建

所在地
東京都小金井市桜町3-7-1 江戸東京たてもの園内

日本の近代史に三井財閥として名を残した三井同族十一家の総領家、三井八郎右衛門高公(たかきみ)の第二次大戦後の邸宅。明治39年(1906)以降の本邸であった今井町の広大な敷地の邸宅が戦災により焼失したので、この新しい本邸を麻布笄町(こうがいちょう)に建築しました。建設にあたっては、京都油小路、神奈川大磯、世田谷用賀、今井町の三井家に関連する施設から建築部材、石材、植物などが集められました。規模こそ小さくなりましたが、内装や調度品などから財閥が繁栄していた頃の三井男爵家の威勢をうかがうことができます。平面は中廊下式と呼ばれる形式で、中廊下を境として南側に客間や食堂などの居住空間を、北側に事務室、厨房、配膳室などのサービス空間設けています。畳の上にじゅうたんを敷きイスやテーブルを置くという和洋折衷の生活様式を示しています。平成8年(1996)に東京小金井の江戸東京たてもの園に復元移築されました。
関連サイト

写真提供
江戸東京たてもの園