このページの先頭です 本文へ移動 末尾メニューへ移動


港区ゆかりの人物データベースプラス


浮世絵散歩

[江戸・明治を歩く]

江戸名所百人美女

解説

美人画も名所絵も浮世絵の人気のテーマですが、江戸の版元はそれらを組み合わせることを考えつきました。美人画を主に、名所絵を背景や小さなコマ絵にして、1枚の絵としたのです。「江戸名所百人美女」は、三代豊国の筆による美人と、国久などのコマ絵によって構成されています。名所の風俗と関連を持たせることで、美人画に新たな趣向が加わりました。

(左図)
名称
「江戸名所百人美女 赤さか氷川(えどめいしょひゃくにんびじょ・あかさかひかわ)

絵師
豊国(歌川豊国三代)コマ絵:国久(歌川国久)

年代
安政4年(1857)11月

版元
遠州屋彦兵衛

所在地
赤坂氷川神社(赤坂6-10-12)地図を表示

(右図)
名称
「江戸名所百人美女 葵坂(えどめいしょひゃくにんびじょ・あおいざか)

絵師
豊国(歌川豊国三代)

年代
安政4年(1857)11月

版元
上州屋金蔵

所在地
葵坂(虎ノ門2-1付近)地図を表示

(左図)
名称
「江戸名所百人美女 三縁山増上寺(えどめいしょひゃくにんびじょ・さんえんざんぞうじょうじ)

絵師
豊国(歌川豊国三代)コマ絵:国久(歌川国久)

年代
安政4年(1857)11月

版元
上州屋金蔵

所在地
増上寺(芝公園4-7-35)地図を表示

(右図)
名称
「江戸名所百人美女 高縄(えどめいしょひゃくにんびじょ・たかなわ)

絵師
豊国(歌川豊国三代)コマ絵:国久(歌川国久)

年代
安政4年(1857)11月

版元
若狭屋与市

所在地

(左図)
名称
「江戸名所百人美女 新はし(えどめいしょひゃくにんびじょ・しんはし)

絵師
豊国(歌川豊国三代)コマ絵:国久(歌川国久)

年代
安政4年(1857)11月

版元
丸屋久四郎

所在地

(右図)
名称
「江戸名所百人美女 三田聖坂(えどめいしょひゃくにんびじょ・みたひじりざか)

絵師
豊国(歌川豊国三代)コマ絵:国久(歌川国久)

年代
安政5年(1858)2月

版元
山口屋[藤兵衛]

所在地
聖坂(三田4-15付近)地図を表示